作成日:2016/11/10
気まぐれコラム《経営者の努力と好運》



 経営(商売)を長年やっていると、努力をしても報われない時もあれば、特別な努力をしないのに大きな成果に恵まれる時があります。一般に前者の方が多いかもしれません。そこで誰でも好運(=特に努力したわけでもないのに、ものごとがよいほうへうつること)を願いますが,中々決め手になる手段は無いようです。先日、地方の山奥の国道で大渋滞がありました。マスコミで、ある神社のお守りに大変な御利益があることが出て、渋滞は大勢の人がお守りを入手する為であったそうです。これは神頼みですが、人は懸命に努力しつつも好運の巡り合わせを期待するのでしょう。

 では、一体「運」(ここでは好運)とは、どんな人に、どんな時に多く訪れるのでしょうか。好運は誰にでも多かれ少なかれ訪れると思いますが、私は次のように予想します。(1)何かの決定に迷ったら、一定時間考えて必ず決定する(又は行動する)。一日延ばしをしない(2)過度の用心をしない心掛けをする(3)疚(やま)しいと思うこと(特に法的不正)は絶対にしない、等。

 また、好運がよく訪れる時機は、決して順調な時や平穏な時ではなく、物事が思い通りに運ばない窮極の状態に陥っている時かもしれません。そこから抜け出す工夫や努力こそが好運を招く可能性が強いようです。

 

お問合せ
慶徳総合経営センター株式会社
963-0221
福島県郡山市字亀田西66-3
TEL:024-951-1922
FAX:024-951-1968
メールでのお問合せ
 
 

じゅうしょQR
 地図 QRコード